デザイナーズ家具【ユーデザイナーズ】

デザイナーズ家具|Designer
デザイナーズ家具|ル・コルビジェ
デザイナーズ家具|ミ―ス・ファン・デル・ローエ
デザイナーズ家具|チャールズ&レイ・イームズ
デザイナーズ家具|アルネ・ヤコブセン
デザイナーズ家具|イサム・ノグチ
デザイナーズ家具|ポール・ケアホルム
デザイナーズ家具|ヨーゼフ・ホフマン
デザイナーズ家具|ハリー・ベルトイヤ
デザイナーズ家具|ジョージ・ネルソン
デザイナーズ家具|マルセル・ブロイヤー
デザイナーズ家具|フローレンス・ノール
デザイナーズ家具|アイリーン・グレイ
デザイナーズ家具|ヴェルナー・パントン
デザイナーズ家具|エーロ・サーリネン
デザイナーズ家具|アッキーレ・カスティリオーニ
デザイナーズ家具|エーロ・アールニオ
デザイナーズ家具|ポール・M・ヴォルター
デザイナーズ家具|ピエール・ポーリン
デザイナーズ家具|ジャスパー・ホルム
デザイナーズ家具|デザイナーズその他

デザイナーズ家具|Infomation

2020.07.28
パントンチェアはデンマークのデザイナーであるバーナー・パントンによってデザインされたプラスチック製の椅子です。積み重ね可能であり片手で持ち運べる1ピースの椅子であるパントンチェアは1960年代の宇宙時代のデザインを代表するものでもあり、世界中の多くの美術館に収蔵されています。

2020.07.14
ピエール・ポーリンはフランスの家具デザイナーであり、多くの椅子のデザイナーとして有名です。彼の代表作には、オレンジスライスチェアやキノコイス、舌イス、リボンイスなど他の何かを模したものがあります。素材の感触やデザインそのものの線、そして機能性に注視して作られたこれらのデザインはその後の家具のデザインに大きな影響を与えています。

2020.07.07
ポール・ケアホルムは幅広い家具を生み出したことでも知られている家具デザイナーです。彼のデザインする家具はその表面での光の反射というものに作品の重点を置いているため金属製品に木材や皮革、竹や籐などの植物を組み合わせたものでした。彼のデザインの多くはヨーロッパや北米の美術館の常設コレクションの中に収蔵されています。

2020.06.30
エーロ・サーリネンのデザインしたデザイン家具の中には、チューリップコーヒーテーブルがあります。チューリップチェアと同じようにアルミやグラスファイバーを使用したそのデザインは、天板の木目と無彩色な脚部とのコントラストが特徴的です。デザイナーのサーリネンはジョンエフケネディ空港を設計したデザイナーとしても有名です。

2020.06.23
ミース・ファン・デル・ローエは20世紀を代表する近代建築の巨匠です。多くの建築物の他に「神は細部に宿る」という言葉でも有名でしょう。彼のデザインした家具としてバルセロナチェアがあります。これは1929年のバルセロナ博覧会のために作られた椅子で、現在も変わらぬその独特のフレームデザインは床に対して垂直や水平ではないという革新的なものとなっています。

2020.06.16
チューリップチェアはエーロ・サーリネンによってデザインされた工業デザインの古典とも言われるデザインです。それまでの家具と大きく異なるのは曲線や人工材料を使用していることです。グラスファイバーフレームを利用し、白と赤を基調としたデザインは今でも宇宙時代的なデザインでしょう。


     CALENDER
※商品の出荷は平日のみです。
※土日指定の配送も承ります。

営業時間:午前10時~午後5時
定休日:土日祝日

【ユーデザイナーズ】 マルセル・ブロイヤー
商品一覧
マルセル・ブロイヤー
商品並び替え:

マルセル・ブロイヤー

Marcel Breuer

マルセル・ブロイヤー

( 1902-1981 )
ドイツ

モダニズムを提唱する建築家であり、20世紀を代表する家具デザイナー、プロダクト・デザイナーです。

ハンガリーはペーチで生まれたマルセル・ブロイヤーは、ウィーンで美術を学んだあとに故郷の建築事務所に勤めていました。その後は、ドイツ・ヴァイマルに設立された美術や建築に関する総合的な教育を行う「バウハウス」の一期生となります。
当時、初代校長のドイツ建築家で後に近代建築の四大巨匠と呼ばれるうちの一人ヴァルター・グローピウスにその才能を見出され本格的に家具のデザインを始め、同校を卒業後はマイスターと呼ばれる教官になります。

1930年代に入ると、ドイツ国内におけるナチスが台頭するようになったことから、ユダヤ人であるブロイヤーはロンドンに移住して、バウハウスの恩師であるグローピウスと共に成型合板を使った家具デザインをスタートさせます。
ロンドンではIsokon社に主任デザインナーとして雇われながら、プライウッドの長椅子をデザインしようと歪曲を構成する技術を試みています。
結果的に、アメリカのチャールズ・イームズ夫妻によりプライウッドを使った家具が発表されましたが、ブロイヤーによる試みはそれよりも以前のことであり、彼の実験や時代の先を読む能力は非常に高い評価を得ています。

1937年には、恩師グローピウスを追いアメリカに移住したブロイヤーは、ハーバード大学デザイン大学院で建築を教えるようになりました。教え子には、その後世界的に有名な建築家になるフィリップ・ジョンソンやポール・ルドルフなどの若手建築家たちがいます。
この当時は、グローピウスと共にボストン周辺に住宅デザインを手がけていましたが、その後はパートナー関係を解消し、1946年にニューヨークにマルセル・ブロイヤー&アソシエイツを設立しました。

事務所を設立してからはいくつもの建築を手がけて精力的に活動していましたが、中でもパリのユネスコ本部による設計の依頼はブロイヤーにとって大きなターニングポイントでもあり、はじめてコンクリート使用した大プロジェクトでした。

彼が世に残した多くの作品の中でも、とくに有名な代表作といえば金属パイプを曲げて作られた「ワシリーチェア(クラブチェア B3)」です。
この住宅用の椅子は、美術家のワシリー・カンディンスキーのために鉄とレザーを使い作られています。大きな特徴は、もともとは自転車のハンドル部分のスチールパイプを用いていて、工具を使えば自分で簡単に組み立てられるといった非常に画期的なアイデアであったことが大きく話題になりました。
その先迎えることになる大量生産時代をまえに発表されたブロイヤーの椅子は、名作の椅子として現在もなお製造され続けています。

登録アイテム数: 0件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  説明付き一覧    写真のみ一覧