デザイナーズ家具【ユーデザイナーズ】

デザイナーズ家具|Designer
デザイナーズ家具|ル・コルビジェ
デザイナーズ家具|ミ―ス・ファン・デル・ローエ
デザイナーズ家具|チャールズ&レイ・イームズ
デザイナーズ家具|アルネ・ヤコブセン
デザイナーズ家具|イサム・ノグチ
デザイナーズ家具|ポール・ケアホルム
デザイナーズ家具|ヨーゼフ・ホフマン
デザイナーズ家具|ハリー・ベルトイヤ
デザイナーズ家具|ジョージ・ネルソン
デザイナーズ家具|マルセル・ブロイヤー
デザイナーズ家具|フローレンス・ノール
デザイナーズ家具|アイリーン・グレイ
デザイナーズ家具|ヴェルナー・パントン
デザイナーズ家具|エーロ・サーリネン
デザイナーズ家具|アッキーレ・カスティリオーニ
デザイナーズ家具|エーロ・アールニオ
デザイナーズ家具|ポール・M・ヴォルター
デザイナーズ家具|ピエール・ポーリン
デザイナーズ家具|ジャスパー・ホルム
デザイナーズ家具|デザイナーズその他

デザイナーズ家具|Infomation

2020.07.28
パントンチェアはデンマークのデザイナーであるバーナー・パントンによってデザインされたプラスチック製の椅子です。積み重ね可能であり片手で持ち運べる1ピースの椅子であるパントンチェアは1960年代の宇宙時代のデザインを代表するものでもあり、世界中の多くの美術館に収蔵されています。

2020.07.14
ピエール・ポーリンはフランスの家具デザイナーであり、多くの椅子のデザイナーとして有名です。彼の代表作には、オレンジスライスチェアやキノコイス、舌イス、リボンイスなど他の何かを模したものがあります。素材の感触やデザインそのものの線、そして機能性に注視して作られたこれらのデザインはその後の家具のデザインに大きな影響を与えています。

2020.07.07
ポール・ケアホルムは幅広い家具を生み出したことでも知られている家具デザイナーです。彼のデザインする家具はその表面での光の反射というものに作品の重点を置いているため金属製品に木材や皮革、竹や籐などの植物を組み合わせたものでした。彼のデザインの多くはヨーロッパや北米の美術館の常設コレクションの中に収蔵されています。

2020.06.30
エーロ・サーリネンのデザインしたデザイン家具の中には、チューリップコーヒーテーブルがあります。チューリップチェアと同じようにアルミやグラスファイバーを使用したそのデザインは、天板の木目と無彩色な脚部とのコントラストが特徴的です。デザイナーのサーリネンはジョンエフケネディ空港を設計したデザイナーとしても有名です。

2020.06.23
ミース・ファン・デル・ローエは20世紀を代表する近代建築の巨匠です。多くの建築物の他に「神は細部に宿る」という言葉でも有名でしょう。彼のデザインした家具としてバルセロナチェアがあります。これは1929年のバルセロナ博覧会のために作られた椅子で、現在も変わらぬその独特のフレームデザインは床に対して垂直や水平ではないという革新的なものとなっています。

2020.06.16
チューリップチェアはエーロ・サーリネンによってデザインされた工業デザインの古典とも言われるデザインです。それまでの家具と大きく異なるのは曲線や人工材料を使用していることです。グラスファイバーフレームを利用し、白と赤を基調としたデザインは今でも宇宙時代的なデザインでしょう。


     CALENDER
※商品の出荷は平日のみです。
※土日指定の配送も承ります。

営業時間:午前10時~午後5時
定休日:土日祝日

【ユーデザイナーズ】 ピエール・ポーリン
商品一覧
ピエール・ポーリン
商品並び替え:

ピエール・ポーリン

Pierre Paulin

ピエール・ポーリン

( 1927年〜 )
フランス

フランスのモダンデザインの巨匠と呼ばれる家具デザイナー、インテリアデザイナーです。
代表的な作品に「マッシュルームチェア」や「オレンジスライス」、「リボンソファー」などがあります。

フランスのパリでフランス人の父とドイツ系スイス人の母のあいだに生まれました。
大叔父は彫刻家で、伯父は自動車デザイナーとして活躍していたことから、自らも彫刻家として訓練を始めましたが、事故により右手を傷つけてしまったことからその道を諦めました。
その後は、パリのエコール・カモンド校で家具の伝統について学び、ミッドセンチュリー期に輩出された有名デザイナーであるチャールズ・イームズやエリエル・サーリネン、そしてジョージ・ネルソンらの影響を多く受けたとされています。

1953年にキャリアを本格的にスタートし、その一年後にはドイツのトーネット社に入社して家具を発表します。その後は、オランダのアーティフォート社から発表された家具デザインを手がけています。
そして、彼のデザイナーとして名を一気に広めた転換期が1960年に発表した「マッシュルームチェア」です。それまでには用いられることのなかったストレッチが効いた素材や布を用いたことで、独創的なフォルムで柔らかく、美しい作品を数多く製作していきました。

1970年に開催された日本の大阪万博ではフランスパビリオンの家具を担当し、トリコロールのソファ「アンフィス」を完成させましたが、斬新なデザインはインテリアデザインの歴史でも革新的な作品として多くの人々を驚かせました。
アンフィスが、パーツを様々な角度からつなぎ合わせて土台を作り、中央に組み込むクッションを最後に取り付けることで摩擦を起こさせフォルムを固定するといった革命的な発想が取り入れられました。

1987年には、世界的に権威のある国際インダストリアルデザイン賞を受賞しています。
ドイツ・ケルン国際家具見本市が2008年に開催されると、ロゼ社から「パンプキン」が展示されました。その名のとおりかぼちゃをイメージして作られたパンプキンは、1971年に当時のフランス大統領ポンピドゥー氏のためにデザインされた伝説のソファとして長いときを経てお披露目されました。

現在もなお製造販売され続けている彼の作品のなかに「オレンジスライス」がありますが、これはオレンジの皮を連想するようなデザインが特徴的な椅子です。ミッドセンチュリー期のデザインを象徴するかのようなデザインである一方、伝統的な手法で製造されているというピエール・ポーリンらしい作品として現代に息づいています。

登録アイテム数: 1件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  説明付き一覧    写真のみ一覧